カラーシャンプー持ってない方☆まずはここから変えるだけでカラーの色持ち変わります♪

こんにちは。

大阪市北区/梅田/中津の美容室【SCALE 】のタカです。
主にカラーリングを得意とし、「シークレットカラー」「グレージュカラー」などダメージレスで透明感のあるカラーに特化しております。伸びてきても目立たないカラー提案や外国人風な質感スタイル、似合わせを考えた扱いやすいカットも得意です。

 

今日はヘアカラーの色持ちを良くするための方法です。
以前のブログでは色持ちの良いカラーの色の種類。
今回はホームケア編です。

1洗浄力の優しいシャンプーを使う。
これは良く言われますね。市販はやめて美容室のシャンプーが良いですと。
ここでの違いは洗浄成分の違い。アミノ酸系のシャンプーは一般的に洗浄力が優しくカラーに良いと言われます。
カラーした髪はシャンプーするたびに抜けていきます。
その時に洗浄力が優しい方が抜けにくいということです。
ただ最近の市販シャンプーでも洗浄力の優しいシャンプーもあります。
一概にサロンシャンプーが良いわけでもありません。
病院にいった時にお医者さんから処方箋を頂くと思います。
それと同じで美容師に相談してみてください。
信頼できる美容師さんなら教えてくれると思います。
2ぬるま湯で髪を洗う
お湯の温度が高いと、ヘアカラーが落ちやすくなります。
温度が高いとヘアカラーの色落ちだけでなく、頭皮のフケや乾燥なども引き起こします。
ぬるま湯の基準は季節によって異なります。
夏場では38度程度、冬場では40度程度がいいでしょう。

3洗い流さないトリートメントをつける

洗い流さないトリートメントは、髪のキューティクルの外側を油分を補い保護してくれます。
ドライヤーの熱、紫外線、冷暖房の乾燥などから髪を守ってくれる事によってカラーの色落ちを防ぎます。
4ドライヤーするときの温度に気をつける
早く乾かしたいからといって、ドライヤーの熱を近くで当てないでください。髪が高温になると、色落ちするだけでなく、髪のダメージにもつながります。ただし乾かさないとキューティクルが開いた状態なのでカラーが流出して褪色に繋がります。
必ず乾かしましょう。

 

以前のブログでお湯シャンについても書きましたがそれもオススメなのでやってみてください♪

意外と当たり前のことを気をつけてしていくだけでも変わります。

是非やってみてください♪

 

■Instagram【@scale_hair_osaka】

シークレットカラーなど、日々SCALEのこだわりの技術やヘアスタイル等、更新しています!

■SCALEスタッフのInstagram

土井貴司【@0417takashi】

タカ 【@taka_scale】

【SCALE(スケール)】

■大阪市北区豊崎3丁目10-2 I&F梅田905

■各線梅田/御堂筋線中津駅徒歩5分

■阪急茶屋町口からはNU茶屋町を通過し、道路沿いの歩道を進み、梅田芸術劇場(阪急インターナショナルホテル)の前を通過。道なりに(やや右折)歩いて頂きます。20M程先の横断歩道を渡り、右方向にまっすぐ30Mほど行くと左手にローソンが見えます。ローソンとカフェmusが一階にあるビル905号室です。地下鉄中津駅からですと4番出口をすぐ左折、3つ目の角を右折し、大通りに出て左側にローソンがあるビルの905号室です。

■tel 06-4256-8833

一覧へ戻る