アウトバストリートメントの選び方

こんにちは!

各線梅田駅•御堂筋線中津駅徒歩5分のお客様の理想の髪質を叶える

【髪質デザイン】

をコンセプトにした美容院            【SCALE(スケール)】

の土井貴司(ドイタカシ)です。

今回はアウトバス(洗い流さない)トリートメントについてお話します(^^)

私たちSCALEの

【髪質デザイン】という理想の髪質にお客様の髪をデザインしていく、そしてその状態を維持していくという事に欠かせないものです。

皆さんアウトバストリートメント使っていますか??

シャンプーの後にコンディショナーは多くの方が使いますよね。

ですが、お風呂を出て、髪を乾かす前につける「アウトバストリートメント」を使っていない人は意外と多いのではないでしょうか?


適量のアウトバストリートメントを手に取り、髪の中間から毛先にかけてなじませる、このひと手間を加えることで、

●乾燥が気になり毛先がパサつく

●癖で広がる

●静電気や湿気で広がる

という悩みを軽減できます!

今回は、そのアウトバストリートメントの使い方についてご紹介していきます。

一般的にはお風呂上がり、ドライヤーをする前につける方が多いと思います。

アウトバストリートメントにはコーティング作用があり、ドライヤーの熱から髪を守ったり、乾かしすぎ(オーバードライ)防止の役割をもっています。

これだけでも十分効果はありますが、「もっと髪を綺麗にしたい!」という方は、以下の方法も試してみてください。


★寝る直前に保湿!
じつは寝ている間にも、枕による摩擦で髪の毛にダメージは加わってしまうもの。
そこで、そのダメージを軽減するために、寝る直前にもつけてみましょう。
ただし、あまり多くつけすぎてしまうと、起きた時髪がベタつき朝のスタイリングが大変になってしまうので注意が必要です。

★ストレート&カールアイロンを使う前に!
髪が熱に弱いというのはご存じだと思います。朝巻いたりストレートにしたりする時には、人によりますが150~200度近くの高温にさらされます。
あまりにダメージが加わってしまうと、仕上がりに影響してしまいます。
そこで、その熱から守るために、アウトバストリートメントできちんとコーティングしてあげましょう。


★お出かけ前にワンプッシュ!
スタイリングし終わったら、お出かけ前に軽くつけてあげてください。特に冬は乾燥による静電気の防止効果があります。
ワックスをつけるという人は、ワックスを手に取った時に一緒にアウトバストリートメントも混ぜてみてください。
仕上がりにウェット感を出したい場合は、このトリートメントを多めにつけるのもアリです。

アウトバストリートメントにはいくつか種類がありますが、大きく分けると

「オイル」「ミルク」「ミスト」です。

毛先がパサつき、手触りもゴワゴワするという方にはオイル、
さほどダメージはないけれど保湿はしっかりしたいという方にはミルク、

髪が細くペタッとしやすい方にはをオススメしています。

もし、どれがいいのかわからないという場合は、美容室に行った時に相談してみるといいと思います。
自分にあったヘアケア方法で、理想の髪質をを目指しましょう!

■Instagram【@scale_hair_osaka】

シークレットカラーなど、日々SCALEのこだわりの技術やヘアスタイル等、更新しています!

■SCALEスタッフのInstagram

土井貴司【@0417takashi】

タカ 【@taka_scale】

【SCALE(スケール)】

■大阪市北区豊崎3丁目10-2 I&F梅田905

■各線梅田/御堂筋線中津駅徒歩5分

■阪急茶屋町口からはNU茶屋町を通過し、道路沿いの歩道を進み、梅田芸術劇場(阪急インターナショナルホテル)の前を通過。道なりに(やや右折)歩いて頂きます。20M程先の横断歩道を渡り、右方向にまっすぐ30Mほど行くと左手にローソンが見えます。ローソンとカフェmusが一階にあるビル905号室です。地下鉄中津駅からですと4番出口をすぐ左折、3つ目の角を右折し、大通りに出て左側にローソンがあるビルの905号室です。

■tel 06-4256-8833

一覧へ戻る